鍋料理のアレンジは簡単

料理が苦手な人でもできるのが鍋料理です。すき焼きから水たき、プルコギ、よせ鍋、カニ鍋と少し例を挙げるだけでも次々とでてきます。具材も牛、豚、鶏、などの肉類から魚介類までいろんなものを入れることもできますし、もちろん野菜もたくさん入れることができます。つまりいろんなものを材料として使えるということはバリエーションのアレンジが無限大と言われるほどあるということです。鍋はだしが味付けのポイントになりますが、このだしの味で本当にいろんなバリエーションのアレンジが楽しめます。いつもの鍋が飽きてきたなと思ったらカレー粉を入れてカレー味の鍋にするとまったく違った鍋料理になります。カレーライスとはまた違ってカレー鍋は具もいつもよりいろんな種類をいれることもできて楽しめます。この方法はシチューなどのルーを使ったり、デミグラスソースを使ったりすると応用が利きます。また、だしの味のバリエーションでなくつけだれなどもごまだれやポン酢などでアレンジをするのも鍋料理の変化を楽しめる食べ方です。