合わせ酢があれば手軽に一品が作れる

合わせ酢と聞くと、イコール酢の物を作るというイメージがあり、家にはあるけれどお酢をあまり活用できていないという話をよく耳にします。
どうしても酸っぱいだけのイメージが先行しているので、料理に加えると酸味だけが勝ってしまう様な気がしてしまうのです。
確かにお酢を単体で使うと酸味だけが勝ってしまいますが、合わせ酢にすることで料理のレパート合わせ酢と聞くと、イコール酢の物を作るというイメージがあり、家にはあるけれどお酢をあまり活用できていないという話をよく耳にします。
どうしても酸っぱいだけのイメージが先行しているので、料理に加えると酸味だけが勝ってしまう様な気がしてしまうのです。
確かにお酢を単体で使うと酸味だけが勝ってしまいますが、合わせ酢にすることで料理のレパートリーは増えますし、手軽に一品を作れるので毎日の食卓が豪華になります。
基本的な合わせ酢は、お酢と醤油を混ぜ合わせた二杯酢で一般的な酢の物に良く使われているものです。
しかし、こリーは増えますし、手軽に一品を作れるので毎日の食卓が豪華になります。
基本的な合わせ酢は、お酢と醤油を混ぜ合わせた二杯酢で一般的な酢の物に良く使われているものです。
しかし、この二杯酢に砂糖を加えると三杯酢になり、かつおぶしを加えると土佐酢として使えます。
つまり、基本的な二杯酢に自分の好きな調味料を加えるだけで、オリジナルのお酢を作ることができるのです。
使い勝手が良いのは、すりゴマやコショウ、ゴマ油やレモン汁ですが、合わないかな?と思っていた様な調味料がお酢とマッチすることも多いので、色々と試してみると料理が楽しくなります。
では肝心の使い方ですが、一番手軽なのは切った野菜にかけて漬け込む方法です。
たったこれだけでお手軽な漬物が仕上がりますし、味を洋風にすればピクルスになります。
食感を変えて茹で野菜に合わせ酢をかけると、ちょっとした和え物になりますし、茹でた豚肉や鶏肉に和えると更に豪華になるのです。
もちろんサブ的な使い方だけではなく、肉や魚と一緒に煮詰めると照り焼きになりますし、煮ものの仕上げにサッと回し入れると、いつもよりさっぱりとした口当たりになります。
あと一品何か手軽に作れないかな?と悩んだ時は、まず好きな調味料で合わせ酢を作って、冷蔵庫にある食材と足すだけで直ぐに一品を追加できますよ。